トマティス リスニングプログラム - 4つのステップ

  1. L'entretien préalable

    はじめのアセスメント

    みなさまの課題に合わせたアセスメントを行います。次に、その分野を専門とするトマティス プロが面談を致します( « お問い合わせ»内のプロフィールをご覧ください)。

    トマティス プロの資格によっては、TLTSというテスト機を使ってリスニング・テストを行うこともできます。このテストは聴力の潜在的可能性や、機能不全をみたてるのに役立ちます。

  2. Les séances d'écoute

    リスニングプログラム(受信と統合のステップ)

    オリジナルのトレーニング機器を使用し、トマティス プロが選んだプログラムを聴いていただきます。最寄りのトマティス リスニングセンターに通っていただくか、TalksUp®(ソリッスン)を使ってご自宅で行っていただきます。プログラムは、耳と脳を刺激するので、均等な休止期間=統合の時間を間に挟みながら、一定期間繰り返すことが必要です。これは効果を持続させ、できれば一生ものとするための工夫です。聴く回数や期間はその人が抱える問題によって異なります。毎日2時間で15日間を1クールとして、間に休止期間を入れ、2クールで1プログラムとするのが一般的です。

  3. Les séances actives

    リスニングプログラム(能動のステップ)

    プログラムの中には音読やリピーティングを行う「アクティブ(能動)」セッションがあります。トマティス効果により、声は即座に調整され、それが再び耳に伝えられ、変化した声が直にリアルタイムで聞こえます。こうして、無意識のうちに声が修正されるのです。このエクササイズは必須ではありませんが、可能な限り実践なさることを強くお勧めいたします。このステップはステップ2が済んでから行います。

  4. L'entretien final

    おわりのアセスメント

    リスニングプログラム終了後に、再度アセスメントを行います。改善の度合いを計り、追加が必要か判断します。トマティス® メソッドで得られた効果には持続性があります。追加のトレーニングが必要と判断する場合もあります。

web design & development : h2a.lu