リスニングプログラム - 音による セラピー

  • 聞こえはよいのに、聴き取り(リスニング)は苦手…

    音声は正確に聞こえるけれど、場面によっては感情のせいで正確な内容分析ができない…それは、脳が自分を守ろうとバリアを作っているのです。やがて様々な障がいに至ることも。この状態をトマティスでは「聴き取りに支障をきたしている」といいます。

  • トマティス® メソッドが脳を刺激

    リスニングプログラムは、なんど繰り返しても大丈夫。オリジナルの機器を使い、段階的に脳を刺激し、より効果的に感覚情報を分析できるよう支援します。これをトマティスでは「耳が聴き取りを学んでいる」状態といいます。

  • 聴き取りを調えると、人生まで変わることも

    耳は音を聞くばかりではありません。さらに耳は脳を刺激し、バランス感覚を作り上げます。ですから、聴き取りが調っていることが自己成長にも不可欠です。

web design & development : h2a.lu